2013年12月5日木曜日

例の法案が可決されるらしいので,頑張って日本の安全保障について考えてみた。

皆様こんにちは。弁護士の渡部です。

前回の投稿で話題にした特定秘密保護法案が,今日,参院国家安全保障特別委員会で採決が行われ,可決されたようです。

私は今,事務所で仕事してますが,とある情報によれば,国会正門前ですごい大勢の人達が採決撤回を叫んでいるみたいです。

政府によっぽどの器があれば,考え直すとかするんでしょうけど,私は人を信用していないので,まぁ政府は撤回しないだろうなと思っています。




ところで,なんか前回の投稿はいろんな人に見てもらったようで,各方面から「次はあれ書いて」「今度はこれ書いて」と言われました。

で,一つ申し上げたいんですけど,私,何も考えないでこのブログ更新しているので,狙って面白い記事書けるわけないだろうということだけは承知しておいて下さい。

狙って書けるなら,そっちでご飯食べてるだろうしね。

過度な期待はしない方がいいんです。


そんな私ですが,リアルで会った方に「次これ書いて」と言われたNo.1が,「自民党の石破幹事長の発言について」でした。

どういう話かというと,自民党の石破茂さんという人がいまして,その人もブログやっているんですよ。で,そのブログで,

(以下石破茂ブログより引用。色字は筆者がつけたもの。)

 今も議員会館の外では「特定機密(原文ママ)保護法案絶対阻止!」を叫ぶ大音量が鳴り響いています。いかなる勢力なのか知る由もありませんが,左右どのような主張であっても,ただひたすら己の主張を絶叫し,多くの人々の静穏を妨げるような行為は決して世論の共感を呼ぶことはないでしょう。
 主義主張を実現したければ,民主主義に従って理解者を一人でも増やし,指示の輪を広げるべきなのであって,単なる絶叫戦術はテロ行為とその本質においてあまり変わらない本来あるべき民主主義の手法と異なるように思います。

(以上引用終わり)

と書いたところ,「お前はテロとデモの違いも分からないのか」というたくさんのツッコミを受けたようで,後日,

(以下石破茂ブログより引用。色字は筆者がつけたもの。)

 整然と行われるデモや集会は、いかなる主張であっても民主主義にとって望ましいものです。
 一方で、一般の人々に畏怖の念を与え、市民の平穏を妨げるような大音量で自己の主張を述べるような手法は、本来あるべき民主主義とは相容れないものであるように思います。
 「一般市民に畏怖の念を与えるような手法」に民主主義とは相容れないテロとの共通性を感じて、「テロと本質的に変わらない」と記しましたが、この部分を撤回し、「本来あるべき民主主義の手法とは異なるように思います」と改めます。
 自民党の責任者として、行き届かなかった点がありましたことをお詫び申し上げます。

(以上引用終わり)

という感じで謝罪したという一連のコントがあったんですよ。
で,マスコミがそろって「テロとデモを混同するような人達が作る法案がうんたらかんたら」みたいに叩いているんですよ。
で,これに関して,同じようにブログを書いてくれ,と言われる訳ですよ。


だが断る。(集まれジョジョ好き)


だって石破さんは謝っているじゃないか。発言を訂正しているじゃないか。そんな死人にむち打つようなマネをして何が楽しいんだ。みんな落ち着いて考えてくれ。過ちのない人生なんてあるかい?いいか,石破さんはかなりの軍事オタクと聞いている(Wikipediaに書いてあった。)。いいか,石破さんはポロッと本音を言ってしまっただけだ。むしろ正直に言ってくれてありがとうと声を上げるべきなんだ。


いいか,だいたい歴史っていうのは,被支配者層がどうやって支配者層と戦うかという試行錯誤の繰り返しだったんだ。「国がそんな無茶するわけない」って言う人がいるけど,人間,権力持ったらどうなっちゃうか,学校で習ったじゃないか。支配者層である「国」に対して性善説で立ち向かう方がどうかしているんだ。むしろ,憲法改正もそうだけど,なんかが変わるときに「日本国はおれ達を裏切らない」なんて思っちゃいけない,そうじゃなかったら,日本にはあんなことやこんなことは過去に怒らなかったんだ!


という真面目そうなことを書いていたら飽きてきました。

どうしよう。今日のテーマは何にしようかな。

今日は石破さんのブログで字数を埋めたこともあり,ただでさえ長くなっているので,飽きた人はお疲れさまでした。読んで頂いてありがとうございます。

まだ読む気のある人はどうしようかな,せっかくだから,「テロとデモの違い」について勉強しましょうか。

こういうときにね,憲法とかの教科書引っ張りだそうとするとめんどくさいことになるんですよ。

「テロ」も「デモ」も言葉です。何か分からないことがあったら,辞書を引くのが私流です。さっそく引いてみました。

(以下,岩波書店「広辞苑第六版」より引用)

【テロリズム】
①政治目的のために,暴力あるいはその脅威に訴える傾向。また,その行為。暴力主義。テロ。
②恐怖政治。

なるほど。要するに政治目的達成のために暴力とか使っちゃうのがテロだな。なるほど。次,デモ。

【デモンストレーション】
①示威運動
②宣伝・紹介のための実演
③運動競技会などで,正式種目以外の公開演技
【示威】
威力を示すこと。気勢を見せること。

なるほど。要するに,気合いをいれて行動することをデモと言うようだ。たぶん①の意味で一般的に使われてますね。まさか石破幹事長も運動会のお遊戯見て脅威に訴えられたと思うはずがないからな。たぶん①だ。

辞書を見る限りでは,この2つの違いは「暴力等を行使するか否か」でしょうか。
そうすると,前記石破発言はだいぶ勘違いしているみたいですね。果たして議員会館前の人達がどれぐらいの声量を出していたのか知りませんが,たぶん,神奈川県の厚木基地近くにお住まいの方に比べれば恐怖を感じる度合い低いと思うし。


よし,今日のテーマは「石破さんにテロを教える」にしよう!(ここから本文開始。)

テロって,ぼく,やったことないんですけど,敵を知れば百戦危うからずでしたっけ,なんかそんな言葉があるじゃないですか。なので,ここは特定秘密保護法案も可決されたことですし,ぼくも日本国民の一人として,同法の目的に基づいて日本の国家安全保障について考えてみました。国防です。

【ステップ① 銀行を抑えよう!】
テロリスト側からすると,先々のことを考えて,日本の貨幣をある程度調整できる権限を持っておきたいと考えるはずです。
日本銀行とかメガバンクを傀儡状態にすれば,今後かなり物事を有利に進められます。そんな方法知りませんけど,日銀の人事とかを特定秘密にしておくことが必要です。

【ステップ② 軍を抑えよう!】
国を潰す際,歴史を勉強すると,「金と軍事力」を抑えた者はかなりの確率でクーデターを成功させます。ここが要でしょう。
貨幣を抑えると同時に,自衛隊の上層部を全て味方につける必要があります。だから自衛隊の指揮系統を特定秘密にしておくことが必要です。

【ステップ③ 国会の占拠を阻止しよう!】
自衛隊さえ抑えてしまえば,警察機構も歯が立ちません。しかし,テロリスト達は,国会を占拠し,武力で脅して,政権を奪取を狙うかもしれません。だから国会の議事進行とか警備情報とか特定秘密にしておくことが必要です。

【ステップ④ マスコミを傀儡状態にしよう!】
テロリスト側からしても,いくら政権を奪取しても,国民の支持がなければその政権はいずれ瓦解します。そのために有効なのが,マスコミです。なんか適当な理由をつけて軍事行為をせざるを得なかったということを国民に刷り込ませてくるでしょう。大丈夫です。たいていテレビで流しちゃえば国民は信じちゃいますから。逆にマスコミに変な報道されると,現政府の存続が危ぶまれ,ひいては日本の安全保障に支障を来す可能性があります。そこで,今のうちからマスコミの報道内容を事前チェックできるシステムを構築し,構築したこと自体を特定秘密にしていしておくことが必要です。

【ステップ⑤ 反乱分子を駆逐しよう!】
現政府に対する反乱分子というのはいつの時代にもいるもので,これを予め駆逐しておくことが,ひいては日本の安全保障に繋がります。
例えば武器とかを輸入されたら大変なことになるので,税関の方法を刷新して特定秘密にしておきましょう。
そして,一番問題なのが,国民の中に紛れた反乱分子です。一人一人の力は大したことはなくても,奴らは正論を吐いて現政府を脅かし,ひいては日本の安全保障を脅かすかもしれません。ブログ,Twitter等のネットでせっかく可決した特定秘密保護法の悪口を言う奴を監視し,街中で集会を開こうとしている人達も監視するために隠しカメラをいっぱい設置して,それ自体特定秘密に指定しておく必要があります。


【ステップ⑥ 逮捕しよう!】
ステップ⑤までくれば,もう日本の安全保障はほぼ大丈夫でしょう。
ただ,それでもへこたれない奴らがいます。
そう,自分の主義思想をしっかりもった国民です。
マスコミにも煽動されず,自分の頭で考える奴らです。
全く。こっちは日本の安全保障のためにいろいろ頑張っているのに。しぶとい奴らです。
その場合,抑止効果を狙い,一人逮捕してみるのもいいかもしれません。
例えば,仕事が一段落した際に,脳みそ全く働かせずにブログを更新し,他愛もない投稿が続いていたと思ったら,特に知識もないのに急に特定秘密保護法案の話を始めて批判してるんだかなんだか分からないけどなんか好き放題ツッコミをやり出す川崎の弁護士とかうってつけですね。


(今日のお知らせ)
なんか可決されたみたいだし,このブログの更新が止まったら,ぼくは公安にドナドナされたと思って下さい。









にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村





こんな冗談も書けなくなるんだぜ。