2014年5月16日金曜日

戦後脱却 戦前突入

今日は事務所の創立2周年記念日です。渡部です。


まぁだからと言って特にないんですけど。夜,闇金ウシジマくんの映画観に行くぐらいです。

なんか本当に最近楽しみがなくて,本当に闇金ウシジマくんぐらいしか楽しみがなくて,毎日毎日同じことの繰り返しで「生キテル気ガシナインダヨー!」(©笑う犬の生活)ていう感じだったんですけど,昨日,すごい面白い人を見つけました。

そう,笑う犬の生活に勝るとも劣らない面白さ,その名も,岡崎久彦氏。

皆様ご存知でしょうか。

Wikipedia情報によると,駐タイ日本国特命大使などの輝かしい経歴を持ち,現在,安倍晋三首相の私的諮問機関「安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会」(リンク)の主要メンバーのようです。


ところで,少し話は変わりますが,現在の集団的自衛権に関する報道は,報道機関の側にも問題があると思います。

小難しいことは他の人達のブログに任せますが,集団的自衛権について,報道機関は,まず閣議決定の可否について論じていますけど,まず憲法ありきだから!憲法の中身を見て!


安倍さんの論法に沿った報道してたらダメなんじゃないかな。

だいたい,安倍さんも,報道機関からの質問に「答えてない」からね。

注意深くニュースを聞いてみて下さい。

安倍さんは必ず記者の「合憲か否か」の質問に対して論点をすり替えて「集団的自衛権の必要性」を語って終わっています。

あと,これ面白いからぜひ見てみて下さい。
【集団的自衛権,安倍首相は憲法解釈をどう変えたいの?口語訳してみた】
http://www.huffingtonpost.jp/2014/05/14/right-of-collective-self-defense_n_5324288.html?utm_hp_ref=japan


〜閑話休題〜

そんな「のらりくらり質問を躱す安倍さん」に嫌気をさしている皆さんも多いのではないでしょうか。

そんなあなたに朗報です。

岡崎久彦氏がきちんと質問に答えてくれています!


氏がテレビ東京の質問に答えています。その動画がこちら。
【集団的自衛権 安倍総理の「師匠」直撃!:NEWSアンサー:テレビ東京】
http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/newsanswer/life/post_66214/


なんという論理的な回答!質問から逃げることなく,正面から正々堂々と答えております!本当に「師匠」なのかは知りませんが,さすが安保法制懇の主要メンバー!そこにシビれる憧れるゥ!

でもこれは動画です。音を流せない環境下でこのブログをご覧頂いている方もいるかもしれません。

そこで,今日は,氏のQ&Aを抜き出し,私が解説をしようと思います。


Q:(安保法制懇の)報告書は日本をどう変える?
A:日米同盟を強化して,バランス・オブ・パワーが崩れないように。つまり(集団的自衛権を認めると)日本の安全が守れるようになる,そういうことです。

なるほど。あくまで第一に念頭においているのはやはりアメリカなんですね。

あ,この回答,続きがありました。

A:「中国 対 日米同盟」と割り切れる。

中国が敵性国家と言い切りました!なんという潔さ!もはや中国とは経済的交流は望めない!


Q:日本もアメリカと同等に武力行使して戦うということか?
A:そういうことですね。


そうだよね!安倍さんはなんかその辺否定する発言してたけど,やっぱりそうなるよね!おれの理解と一緒だ!


Q:(安保法制懇が想定している)事例以外の(集団的自衛権行使)パターンも考えられる?
A:あぁ,そりゃあもう無限にある。

そうだよね!安倍さんは「限定的に」とか言ってるけど,集団的自衛権の概念上,限定的にできる分けないよね!この人理論的だわー。

A:最後は総理大臣の決定です。

は?

どういうことだろう。おれの理解だと,「国民>憲法>総理大臣」なんだけど,氏の理解では「総理大臣>憲法>国民」なのかな。

分かったこの人法学部じゃなかったからきっと憲法を知らなかっt

東大法学部卒でした。


Q:自衛隊の武力行使に歯止めがかからなくなるのではないか?

お!さすがぶれないことで定評のあるテレビ東京,良い質問だ!さぁ氏はなんと答えるのかな!?

A:歯止めは総理大臣です。それ以外ない。


全力で法の支配を否定し,人の支配を肯定する中世ヨーロッパ以前のコペルニクス的発想!

現在の司法試験の採点基準を大きく変換させなければならない熱い想い!


Q:一部の国民から反対意見も出ているのは…?
A:それは誰が言っているのですか。(記者に対して)あなたの意見なんですか?


さすが氏である。国会や官邸周辺で行われているシュプレヒコールは一切聞こえない!テレビも見ない!新聞も読まない!ネットも見ない!信じる者は己のみ!たぶん安保法制懇は人里離れた山奥で精神集中させて行われているものと思われる!




Q:安倍総理の判断で,最終的に(集団的自衛権を)行使した場合に,それが戦争に発展するかもしれない?

いやいやテレビ東京さん。集団的自衛権行使それ自体がそもそも戦争だからね。その質問はおかしいんじゃないかな。

A:ありますね。国家の命運に関しますからね。

さすが氏である。テレビ東京さんのちょっとズレた質問に対しても,真摯に,そして理論的に答えてくれる。

ただ問題は安倍さんだけの問題でなく,今後の日本の総理大臣がどういう態度をとるか,憲法という縛りを緩くしてしまっていないかというのが私の危惧なんですけど,氏はこう答えています。



A:(仮に)総理大臣が間違ったということは,選んだ国民が悪い。





騙す方より騙される方が悪い!今日これから観に行く映画のウシジマくんに出てくるキャラクターのようだ!とても日本の舵取りの一部を担う側の人間の発言とは思えない!

ていうかこれ,まるでどこかの第二次世界大戦の敗戦国のような思想だ!大人の事情で固有名詞は出さないけど,完全に戦争で負けた側の思想だ!

そうか!安倍さんが言っていた「戦後脱却」というのは,「戦後レジームから脱却して戦前状態に突入しようぜ」ということだったのか!



個人的に氏は好きです。思想は私とかなり違いますが,正直に理論的に答えていますからね。

良し悪しは別ですけど。

安保法制懇って,こういうメンバーで固められてんのかなー。

YESマンだけで固めてんだろうなー。

そういうのって,器が小さい人のやることだよなー。




(今日の一言)

氏の理論で行くと,器の小さい人を選んだ国民のせい。



にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村