2014年5月19日月曜日

【短期集中連載】集(以下略)③ 砂川判決について

自分でも何を書いているのか分からなくなったので早くこの連載を終わらせたい。渡部です。



仮に集団的自衛権が必要だとしましょう。

では,現行憲法下で集団的自衛権は認められるでしょうか。

前提として,憲法は最高法規なので,もうめんどくさくなってきたのでダイレクトに言いますけど,安倍さんも憲法には逆らえません。


じゃあ憲法見てみましょうか。


   第二章 戦争の放棄
第九条  日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
○2  前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。


よく分からん!


憲法9条の文言を見る。

法律で一番大事なのは条文。「文言解釈」です。

あくまで条文を普通に日本語の解釈としてどう捉えるか,それが一番大事と言われています。

今度は色をつけました。もう一回見て下さい。


まずは9条1項。

   第二章 戦争の放棄
第九条  日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
○2  前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。


まず表題です。どうやら戦争を放棄したようです。

第1項から行きましょう。大事なのは赤字の部分です。主語は「日本国民」,述語は「放棄する」です。

「日本国民は,放棄する。」

何を?

①戦争
②武力による威嚇又は武力の行使

この2点を放棄しております。しかも「永久に」とか言っています。

すごい砕けた言い方をすれば,

日本国民は戦争することを放棄する。

と言っています。

本気か?


次は9条2項。

○2  前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。


前段を見ると,「戦力を保持しない。」と言っています。

後段を見ると,「国の交戦権は,これを認めない。」と言っています。

本気か?



「戦争」と「自衛権」の違い

そうなんです。すごい大事なことなんですけど,普通に9条を見ると,日本は戦争できない,すなわち,自衛権行使(個別的自衛権の行使)すらできないように読めるのです。

まさに明日のジョーのノーガード戦法。なんというドM的発想。そんな敗戦国で大丈夫か。

ところで,「自衛権」ってなんですかね。

「自衛権」とは,国際法上,一般に,外国からの急迫または現実の不正な侵害に対して,国家が自国を防衛するためにやむをえず行う一定の実力行使の権利であると言われています(有斐閣・「憲法Ⅰ」より)。

そう,よく混同しがちなんですけど,実は,戦争と自衛権は異なります。違いは,「武力攻撃が発生した場合か否か」です。

なんか昔は一緒だったらしいんですけど,世界大戦が二回も起きて,国連憲章とかで区別されているみたいです(原文見たことない。)。

そうすると,憲法は,「戦争は放棄」しているけど,「自衛権については何らの言及をしていない」という不思議な状態に陥ります。ややこしい。

知りたい人は基本書とか読んだらいいと思うんですけど,学説的には,「戦争は放棄していないけど自衛権は国家特有のものだから日本も自衛権はある。」という流れのようです。

でもよく分かんないよね。



砂川事件勃発

こんな憲法さんなので,「果たして憲法は自衛権を認めたのか否か」に関して,学者の皆さんは非常に揉めました。

そんなおり,最近良く聞く「砂川事件」が勃発します!そう,あの大事件,砂川事件です!



【事件の概要】

米軍基地敷地内に,デモ隊が,数メートル,入っちゃった☆
以上。

これだけ。

なんか大事件のように報じられているけど,実はこれだけ☆

ただこの事件の特徴としては,第一審が駐留米軍の合憲性を問題にし,

「即ち同条(憲法9条)は,自衛権を否定するものではないが,侵略的戦争は勿論のこと,自衛のための戦力を用いる戦争及び自衛のための戦力の保持をも許さないものであって,(中略)わが国が外部からの武力攻撃に対する自衛に使用する目的で合衆国軍隊の駐留を許容していることは,指揮権の有無,合衆国軍隊の出動義務の有無にかかわらず,日本国憲法9条第2項前段によって禁止されている陸海空軍その他の戦力の保持に該当するものと言わざるを得ず(中略)合衆国軍隊は憲法上その存在を許すべからざるものといわざるを得ない。

というクソ長い超絶した論理により,

「自衛権は否定しないけど,それ,使えないから。」
「米軍は憲法で禁止されている戦力だから。」

という宣言をした上で,デモ隊全員無罪にするという,検察官にとってはゲ◯吐きそうになる結果になりました。

これに焦った検察官が,ウルトラ焦って事件を最高裁に持って行った。

これが砂川判決です。

よく,判決文は長いので読みたくないと言いますが,砂川判決で9条2項に触れられているのは2ページだけで,大変お求めやすい分量となっておりますので,嫌がらせのように全文を載せます。


ダメだ,やっぱ長い。やめた。

【自衛権について】
しかしもちろんこれによりわが国が主権国として持つ固有の自衛権は何ら否定されたものではなく、わが憲法の平和主義は決して無防備、無抵抗を定めたものではないのである。
(中略)
しからば、わが国が、自国の平和と安全を維持しその存立を全うするために必要な自衛のための措置をとりうることは、国家固有の権能の行使として当然のことといわなければならない。

【戦力について】
憲法九条は、わが国がその平和と安全を維持するために他国に安全保障を求めることを、何ら禁ずるものではないのである。
(中略)
同条項がその保持を禁止した戦力とは、わが国がその主体となつてこれに指揮権、管理権を行使し得る戦力をいうものであり、結局わが国自体の戦力を指し、外国の軍隊は、たとえそれがわが国に駐留するとしても、ここにいう戦力には該当しないと解すべきである。


そうです。お気づきの方もいらっしゃると思いますが,砂川事件は「米軍が9条2項の戦力に該当するか否か」を判断したものであって,自衛権の有無はおまけで判断しているのです。

なぜ自衛権の有無が「おまけ」なのかというと,第一審がよく分かんないけどそこに触れちゃったもんだから,最高裁として判断せざるを得なくなったからです。

補足意見で第一審にキレている某裁判官もいます(笑)




砂川判決が集団的自衛権も認めているという論法について

結論から言えば,認めていません。

こんなこと言ったらまた偉い人から怒られそうですが,だってそうでしょう。判決の中で「集団的自衛権」なんて出て来ていないんだから。

砂川判決は,あくまで「自衛権が無いと言った第一審を覆さなきゃ!」という前提で判決文を書いているのでとにかく自衛権があることを一生懸命語っています。

他方,砂川判決を集団的自衛権の根拠とする論法は,「その存立を全うするために必要な自衛のための措置」という概念が集団的自衛権を含むという論法をとっています。

砂川判決は,他にも,「国際情勢の実情に即応して適当と認められるものを選ぶことができることはもとよりであって」とも言っています。

でもね,その後にね,

「憲法9条は,わが国がその平和と安全を維持するために他国に安全保障を求めることを,何ら禁ずるものではないのである(ドヤ顔)」

と言っているのね。

そう,全部読むと分かるんだけどね,砂川判決は「他国に助けを求めたっていいんだぜ」ってドヤ顔しているのね。

ということはね。

ぼくが何を言いたいかというとね。

このドヤ顔の砂川判決もね,

まさか日本が自主的に他国に武力介入することは想定していないのね(この連載はこれが言いたかっただけです。)。

だいたい砂川判決はおまけで述べただけなんだ。おまけを主張の軸にするな。というかまず9条本体を読め。文言解釈をしろ。なんでお前は日本語が読めないんだ。なんでもかんでも最高裁最高裁って言えば済む問題じゃねーぞ。ていうか最高裁判決は全文を読め!



おれは何を言いたかったんでしたっけ?

あぁ,とりあえず条文見て下さい。


(今日の一言)

仕事の鬱憤が全部このブログに来ている。


にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村