2014年7月16日水曜日

我々は何も求めない。だから我々から何も奪うな。

W杯が終わりましたね。渡部です。


ぼくは当然日本を応援していたんですが,非常に残念でした。

走力が圧倒的に足りない。見ていてワクワクしない。

まぁサッカーは未来永劫続くわけです。次に期待です。



日本以外では,ドイツを応援していました。

理由は今回のドイツのサッカーの精度が高かったからです。見ていて面白い。

妻はアルゼンチンを応援していました。

理由はメッシがいるからです。

「アルゼンチン今回どこまで行くかねー」
「優勝するよ。」
「でも戦術的にはドイツやオランダの方が面白いよ。あとチリとか。」
「大丈夫。アルゼンチンにはメッシがいるから。
「何それ『戦術はメッシ』っていうこと?」
「うん。」
「何それすごい自信。」

応援しておいてなんですけど,ぼくもまさかドイツが決勝まで行くとは思っていなかったんで,決勝の組み合わせがドイツ−アルゼンチンになったときには,ヤバい,夫婦喧嘩が始まってしまうと心配しました。

ところがその前にネイマールが抜けたブラジルが大敗したのを見て,個の力だけでは勝てないことに気がついたのでしょうか,

「アルゼンチンはきっと負ける…」

と呪文のようにつぶやいていました。

お前弓道部だったろうに。何をそんなに本気になってるんだ。




さて。




みなさんは(日本の他に)応援していた国はありましたか?

どうでした?楽しめました?

ぼくはドイツ以外に応援していた国が1つだけありました。




ボスニア・ヘルツェゴビナです。




ブラジルW杯で唯一の初出場国です。

日本でも監督をして頂いたイビチャ・オシムさんの母国です。

私が現在世界最強のストライカーだと思っているズラタン・イブラヒモビッチさんのお父さんの母国です。

実は厳密には初出場ではないんですけど,「いろいろ」あって初出場です。

「いろいろ」っていうのは,ぼくがお話するよりも,ニュースをちゃんと見ている皆さんの方がご存知だと思うので割愛します。

「いろいろ」の中身を知りたい方は,Google先生に,「ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争」と聞いてみて下さい。


ぼくがボスニア・ヘルツェゴビナを応援する理由は,オシムさんの母国であることと,「いろいろ」を経た国であることの2つです。

本当に「いろいろ」の後は大変だったみたいです。

何しろ「いろいろ」の後は,スタジアムに木が生えていたらしいですからね。

「いろいろ」あって,選手も外国籍とか選んじゃいましたからね。人材も流出したわけです。

「いろいろ」のせいで,FIFAからハブられてましたからね。オシムさんが尽力されました。

ボスニア・ヘルツェゴビナは,グループリーグ1勝2敗で敗退しました。







すげーわ。





だって,木が生えているところからここまで来たんですよ?

イメージとしては日産スタジアムがジャングルになっているみたいな感覚ですよ?

準優勝したアルゼンチン(しかも絶好調時)から1点とったんですよ?

鳥肌が立ちましたね。

「やりやがった!なんだこいつ!」と意味不明な日本語叫んじゃいましたからね。





さて。




2011年,なでしこジャパンが世界一に輝いた際,チームが国民栄誉賞をもらいました。

私はそれが残念でなりません(個人の感想です。)。

フットボールの唯一無二の信条は「自由」です。

そんなのもらうなよ。利用されるなよ。まぁ仕方ないのかもしれないけど。





今日は一人のフットボール狂として言わせて下さい。







「我々は何も求めない。だから我々から何も奪うな。」







これがフットボーラーってもんじゃないすか。


にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村