2015年4月28日火曜日

弁護士のゴールデンウイーク

ゴールデンウイークですよ。渡部です。


ゴールデンウイークという名称の由来は諸説あるそうですが,この日本では,昭和60年(?),「国民の祝日に関する法律」が5月4日を国民の祝日と定めたことで,その前後の祝日休みをつなげ,連休をつなげ,企業等も日曜日と重ねて長期連休にすることが多くなり,こうなったそうです。ぼくはあまり興味ないですけど。

このお仕事をしていると,連休とかあまり関係ないんですよね。サービス業をやられている皆様なら共感してくれるはず。連休って逆にやっかいなんですよね。裁判所に電話しても繋がらないし。

ところで今年もお仕事の関係でゴールデンなウイークにならないことが確定しているぼくなんですけど,なんか毎年毎年働きまくっている気がしてきました。これはいけない。典型的なジャパニーズサラリーマンになってしまう。というわけで,少し休もうと思い,過去の事件記録の整理とかしてるんです。今。

それが果たして休んでいることになるかどうかは別にして,意外と昔の記録を見てみると,懐かしさがあったり,アルバムを見ているようで楽しいです。

ぼくブログをやってるんですけど,あ,これなんですけど,過去の記事とかみると,あぁ,あのときこんなことやってたなぁと感慨深くなります。日記みたいなものですね。


というわけで,今日は「ぼくが毎年ゴールデンウイークに何をやっていたか振り返る回」にしようと思います。

需要がゼロだということは分かっていますが,「弁護士ってゴールデンウイークにこんなことやってんだー。」という将来弁護士を目指されている方,若しくは単純に興味がある方は参考にしてください。

なお,筆者はかなり特殊な弁護士(サンダルで警察署に接見に行く等)に分類されますので,あくまで参考程度にしておいてください。


【2015年ゴールデンウイーク】

1日も休みはありません。
しかも事件は継続中なので守秘義務が発動しております。一切お話できません。




【2014年ゴールデンウイーク】

なぜかは分かりませんが,集団的自衛権の解釈について,政府にブチ切れていました。

え,なんでこんな熱く語ってるの?どうしたのおれ。何があったの?すごい政治の話してるけど,そう言えばこの時期,たまたま政治熱が上がっていたことを思い出しました。

昔,漫画喫茶でバイトをしていたとき,バイトの先輩が,「政治,宗教,野球の話はブログでするな。炎上するから。」と言っていましたが,そう言えばこの時期は私のブログが変な意味で炎上している時期でもありました。

Twitterっていうんですか?ぼくやってないんですけど,それで取り上げてもらったりしたりしなかったりしたみたいで,このクソブログの読者が増えた時期でもありました。

ただぼくは非常に虚ろ気な性格なので,急速に政治熱が冷め,とある新聞社の記者の方から「集団的自衛権にコメントを」とメールをもらっていた時期でもありました。

そして,そのメールは,なぜか迷惑メールのフォルダに振り分けられており,ぼくが気がついたのはメールを頂いた1週間後。「すいません,見てませんでした。」と謝罪とお断りのメールをしています。

だってそうでしょう。

新聞でコメント載せられるほど理解してないもん,ぼく。



【2013年ゴールデンウイーク】

1日だけ休んでました!後輩の結婚式に出ていました!

いいですよね。結婚式って,なんか新郎新婦を見ているだけで幸せになりますよね。この1日以外は全て事務所に出ていて,どうやら事務所のホームページを作ろうと試行錯誤していたようですが,後輩の結婚式で気持ちがリセットできていたようです。


なお,理由は分かりませんが,その結婚式には思いっきり遅刻したようです。


何があったんだろう,おれ。当時のやり取りがデータで残っていたんですけど,全く反省している様子はありませんでした,ぼく。




【2012年ゴールデンウイーク】

この年のデータがなかなか見つからなくて,果たしておれは一体何をしていたんだと自問自答しました。

まずおかしいのがブログの痕跡がない。この名称のブログはもう何年もやっているのに,ちょうどこの時期以前のブログが非公開設定になっていr








この事務所を作っていました,ぼく。






そうだ,そう言えばこの年のゴールデンウイーク明けに独立したんだ,おれ。箱を契約して荷物を運び込んで,備品揃えて,あまりの忙しさに法律相談の枠とか全部後輩に渡してたんだおれ。どうりでスケジュールがガラガラだと思った。

「石の上にも三年」という言葉があります。つらくても辛抱していれば,いつかは成し遂げられるという意味です。冷たい石でも3年間座り続ければ温まるというところから転じた諺のようです。

だが私は声を大にして言いたい。

三年間座ってみたけどおれの懐は全く温まっていない。

あれおかしいな?三年間もがんばってるんだから,もっと事件数増えてもいいと思うんだけどおかしいな?そろそろ事務員を雇おうと思っているんだけど,それに踏み切れない最大の要因は事件数が思ったように増加していないことなんだよな。おかしいな?原因は何かな?そうだ!司法制度を根本的に解体して弁護士の数を(以下自粛



【2011年ゴールデンウイーク】

裁判員裁判の公判準備に起きている時間の約10割を費やしていました。

この事件は本当に大変だった…。大変じゃない事件って存在しないけど,この事件だけは…。


【2010年ゴールデンウイーク】

だいたいおんなじような感じでした。


【2009年ゴールデンウイーク】

弁護士になって初めて迎えるゴールデンウイークだったようです。

データはあまり残っておりませんが,ボスから「少し気を張り詰めすぎだから適度に休め」という指示が出ていたようです。

ありがたい話です。

あの事務所の皆さんは,みんなぼくのことを気遣ってくれました。今も,です。

ただ,そのゴールデンウイークを迎える直前,「面白そうだから」という理由のみで,新人のぼくにテレビで放映できるか否かギリギリのラインのドッキリをしかけたことは今でも忘れません。

純粋だった新人のぼくを,約2週間の仕込みをした上で事務所一丸となってぼくをドッキリにはめました。皆さん,新人のぼくよりもずっと仕事があったはずなのに,通常業務を全く滞りなく進め,ぼくにそんなことを勘づかせることもなく,綿密に計画を実行しているとは思いませんでした。

実はこれはぼくにとって最高に良い思い出でもあるので,ここに詳細を書くことは避けますが,一言だけ言わせていただきますと,ぼくが女子大生だと思ってメールしていた相手はボス(男性既婚)でした。

なるほど。法律事務所はこういうことも積極的にやっていかないと生きていけないんだなと学びました。




(今日のまとめ)

2008年ゴールデンウイークは「内定をもらっていたけど実は検察官志望だったというのがボスにバレた」ということで幕を閉じました。

2007年は司法試験受けてました。

来年こそ。来年こそはゴールデンなウイークにするんだ。










にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村