2016年1月22日金曜日

生存確認回

よし。もう誰もこのブログの存在を覚えていないはずだ。こんにちは渡部です。


※予告しておきますが,今回はグダグダ回です。


昨年10月に更新をして以来,全く更新する時間がありませんでした。

どれぐらい更新する時間がなかったかというと,完全にこのブログの存在を忘れるぐらい時間がありませんでした。

なぜこのブログを思い出したかというと,大学時代の友人から「ブログ更新しろ」という年賀状が来たからです。

そうだ。ブログ(自称社会派)を書いていたんだ。しかもうちの事務所は,「ブログのアクセス数が事務所の公式HPのアクセス数の10倍を超える」という特殊な事務所だから,

ブログを更新しない
   ↓
みんながぼくのこと忘れる
   ↓
お金がなくなってご飯が食べられなくなる




よし,最近の出来事でも書いておこう。


【なんでブログを放置していたか】

純粋に仕事をしていました。
なんか本当にいろんなことが立て込んで,それなりに忙しかったんです。
プライベートでも全然遊んでいなくて,この年末年始,高校時代の友人と忘年会を一件やったぐらい。
毎日毎日事務所に通っていました。


そんな生活で,面白い出来事に出くわすわけがございません(正論)


実は今も似たような状況ではあるのですが,この状況が打破される見通しが全くついておりません。


どうやら私は「無償で弁護士としての職責を果たし,弁護士会として,市民の皆さんにそれを還元するという高尚な行い」(通称「会務」)巻き込まれた参加しているようで,慣れないことしているもんだから四苦八苦しているようです。

ただ,「会務」と書くと,「まぁ,弁護士として評価されてるのね!かっこいい!結婚して!」と思われがちですが,私がどうやってこの会務に組み込まれたかというと,弁護士会の偉い人から直接電話が来まして,

ぼく「なんですか。」
偉い人「きみのお笑いのセンスを見込んで,頼みたいことがあるんだ」






なんだよその会務。逆に興味湧くわ。






【最近のプライベート】

実は,これ,最近ちょっとした変化が生じているんです。

普通に家に帰るじゃないですか。そうしたら妻がいるんですよ。

まぁ妻がいるところまではよくあることなんですけど,怖いのが,そこから始まる会話なんですよね。

僕「ただいま。」
妻「おかえり・・・」
僕「(あれ,なんか元気ないな。なんかあったのかな。)」
妻「あのね,ちょっといい?」
僕「どうしたの?」
妻「この間,『食器洗ってよ!』なんて言って,ごめんね(真顔)」



僕「(゜Д゜) ?


妻「『食器洗ってよ!』なんて,言葉の暴力だよね・・・(真顔)」



僕「(゜Д゜)ハァ ??



事態が全く飲み込めません。
とりあえず説明を求めることにしました。


僕「本気で何を言っているか分からないんだが,どうした。」
妻「あのね,今ね,広末涼子が出ているドラマを見ていてね(以下省略」


どうやら,フジテレビ木曜22時からやっているドラマ,「ナオミとカナコ」という番組があるらしいのですが,その内容が,「DV夫を殺す計画を立てる」というものらしいんですね。
それを妻は見ているようなんですけど,どうも,劇中にDVシーンとかがあるらしいんですよ。
妻は僕を高校生の頃から知っておりまして,リアル世界で僕をご存知の方は分かると思うんですが,僕はどちらかというとサンデーサイレンスぐらい気性が荒いんですね。
ただ,女性に手をあげるようなことはなく,むしろ半分しか優しさが詰まっていないパブ◯ン(追記:バファリ◯と間違えました。雰囲気が伝わればいい。)よりも優しさに詰まっている人間なわけです。
当然家事も少しはしますし,嫁を怒鳴ったことは一度しかありません(あれは嫁が悪い)。
ドラマのDV夫はすぐかっとなって手を出すらしく,どうやら本当にひどい人みたいなんですけど,私が人生の伴侶として選んだ通称「妻」,ドラマに感化され過ぎて,ぼくのことを本当に良い夫だと錯覚し始めたようです。



妻「いつも怒らないでくれてありがとうね・・・(真顔)」
僕「気持ち悪いからやめてその口調。
妻「感謝してるから・・・(真顔)」
僕「ドラマでこれなら,いつか変な宗教にはまりそうで怖い。





というわけで,現在我が家は「夫が神のようにあがめ奉られているフェスティバル」がガチで開催されており,正直毎週木曜日に家に帰るのが憂鬱です。





あと,いつか,妻が「仕事も家事もバリバリこなすイケメン夫のドラマ」にハマったら,





うちの夫婦はきっと離婚することになります(離婚原因:妻の思い込み 770条1項5号)



【実家の犬】

妻の実家に犬がいるんですけど,こいつがまた可愛いので,よく散歩に連れて行ってあげています。

こいつは頭がいいので,音声認識機能が半端じゃありません。
特定の言葉を聞くと,それに対応した行動を示します。例えば,

「さんぽ」→外に出してくれとドアをカリカリする。
「ごはん」→しっぽをふりふりして,部屋をくるくる回る。

その他,「おすわり」「待て」「お手」「お代わり」「よし」「ストップ」「ゴー」など,多彩な人間語を認識します。中にはぼくが仕込んだものもあります。

そんな可愛いワンちゃんですが,義父母からの情報で,新しい音声を認識したらしいです。




「げんちゃん」→外に出してくれとドアをカリカリする。




どうやら「げんちゃんが来るよ!」「げんちゃんが来たよ!」等々,ぼくの名前を出すと,「さんぽ」を認識した場合と全く同じ行動をするようになりました。





ちなみに実際に散歩から帰るとぼくから興味がなくなります。





ただの散歩要員です。




(今日の一言)

こんな回があってもいいと思うんだ。

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村