2017年6月14日水曜日

遡及効はないはずだから今のうちに書く!

今日は朝7時から働いています。眠いです。渡部です。

【毎日新聞・〈共謀罪〉今夜成立図る】
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170614-00000038-mai-pol

よし今夜なのか。今のうちに書いておこう。


================

まず,うちの国には「罪刑法定主義」というものがあります。

これは,「いかなる行為が犯罪となり,それに対していかなる刑罰が科されるかについて,あらかじめ成分の法律をもって規定しておかなければ人を処罰することができない」という刑法の基本的原則です。

この派生原理として,「明確性の原則」というものがあり,「刑罰法規が,できるだけ具体的であり,かつ,その意味するところが明確でなければならず,刑罰法規の内容があいまい不明確なため,通常の判断能力を有する一般人の理解において刑罰の対象となる行為を識別することができない場合には,罪刑法定主義に反し,そのような刑罰法規は憲法31条に違反し無効となる」とする原則です。

よく,刑法は学者の先生によって主義思想が変わり,◯◯主義ととったりとらなかったりしますが,この段落で引用している文章は,裁判所職員総合研修所監修の「刑法総論講義案」から引用しており,裁判所も同じ考えだと思います。

================

で,今回,テロ等準備罪を組織犯罪処罰法に組み込むらしいです。

実際の文言の一部がこちら。


第六条の次に次の一条を加える。
 (テロリズム集団その他の組織的犯罪集団による実行準備行為を伴う重大犯罪遂行の計画)
第六条の二 次の各号に掲げる罪に当たる行為で、テロリズム集団その他の組織的犯罪集団(団体のうち 、その結合関係の基礎としての共同の目的が別表第三に掲げる罪を実行することにあるものをいう。次 項において同じ。)の団体の活動として、当該行為を実行するための組織により行われるものの遂行を 二人以上で計画した者は、その計画をした者のいずれかによりその計画に基づき資金又は物品の手配、 関係場所の下見その他の計画をした犯罪を実行するための準備行為が行われたときは、当該各号に定め る刑に処する。ただし、実行に着手する前に自首した者は、その刑を減軽し、又は免除する。 

何を言っているかわからないので分解します。

①(目的)テロリズム集団その他の組織的犯罪集団の団体の活動として、
②(主体)当該行為を実行するための組織により行われるものの遂行を 二人以上で計画した者は、
③(実行行為)その計画をした者のいずれかによりその計画に基づき資金又は物品の手配、 関係場所の下見その他の計画をした犯罪を実行するための準備行為が行われたとき

は処罰されます。

どういうことかよくわからないのでさらによく見てみます。

================

①(目的)テロリズム集団その他の組織的犯罪集団の団体の活動として、

まず,「テロリズム集団」という言葉が出てきました。

よく考えたら私は「テロリズム」という用語をよく理解できていない。

こういうとき,法律家は日本語を大切にしなければなりません。

優れた弁護士の事務所には,六法全書と国語辞書が置いてあります(これは豆知識)。そこでぼくは広辞苑に聞いてみました。

〜広辞苑第六版より〜
テロリズム【terrorism】
①政治目的のために,暴力あるいはその脅威に訴える傾向。また,その行為。暴力主義。テロ。
②恐怖政治。

なるほど。テロリズムには二つの意味があるのですね。

①と②,今回はどっちの意味だろう。うーん。どっちだろう。

①の意味って,思想目的とか入らないのかな。そうすると宗教的思想に基づくけど政治を変えようとまでは思っていない人ってどうなるんだろう。難しいな。

②については簡単にイメージできます。


そうです。現政権ですね。


今の若い子は知らないと思うんですけど,昔,「アベノミクス」って言葉があったんですよ。

今はとんと聞かないですけどね。自分の名前つけて流行らないとものすごくさぶくて逆に恐怖すら覚えるということを当時の人は学んだのです。


現政権といえば,この法案を通す理由の一つとして,法務省のHPにこんなことが載っていました。


 3年後に迫った東京オリンピック・パラリンピック競技大会の開催を控える中,
このような国内外の組織犯罪情勢等を考慮すると,テロを含む組織犯罪の未然防
止に万全の態勢を整える必要があります。


そんな危ない時にオリンピック開いちゃダメでしょ。何考えてんの。

なるほど。国民の命<オリンピックか。それもまたいいだろう。

あと,現政権で思い出したんですけど,過去にこんな記事を書いたことがありました。
【書くなら今日しかねぇ!首相とクーデターと内乱罪。】
http://watabelaw.blogspot.jp/2014/06/blog-post_30.html


現政権の首相は,3年前,アメリカの雑誌に「憲法のクーデターをおこしている」と叩かれていました。

そうすると,だんだん①(目的)の輪郭がわかってきました。



本法案は,おそらく,現政権や暴力団といった組織を対象としています。


斬新だ。


==================

②(主体)当該行為を実行するための組織により行われるものの遂行を 二人以上で計画した者は、

ここは主体の規定ですね。

一人ならセーフみたいです。


私はもちろんテロ等はしませんが,私のようにお友達がいない人はどうやらこれにあたらない可能性が出てきました。


週末の予定も一人で立てています。


ようやく,この法案に穴が見つかってきました。


==================

③(実行行為)その計画をした者のいずれかによりその計画に基づき資金又は物品の手配、 関係場所の下見その他の計画をした犯罪を実行するための準備行為が行われたとき

なるほどなるほど。

まず,安倍晋三さんが銀行のATMでお小遣いを引き出す際,お巡りさんが職務質問して,

お巡りさん「テロのためか?」
安倍さん「いいえ。これはお小遣いです。」

これはセーフです。

法律実務の世界では,「人間の内心の事実認定は客観的状況等を総合的に鑑みて判断しなければならず,非常に困難である。」というのはもはや常識ですが,お小遣いだって言ってるなら仕方ない。お小遣いかどうかは客観的状況を総合的に勘案しなければなりませんが,お金持ちの人なら1000万円ぐらいはお小遣いなのかな(棒読み


例えばぼくが,司馬遼太郎先生の「竜馬がゆく」の全巻セットをAmazonで注文した際,

お巡りさん「テロのためか?」
ぼく「バレましたか。」

これはアウトです。

竜馬がゆくは幕末の維新志士,坂本龍馬の人生を描いた名著ですが,坂本龍馬自身が維新志士,すなわち徳川幕府を倒して新政府を立ち上げる側の,テロリストの話ですから,これはさすがにまずいですよ。ぼくもバレたか,としか言えません。たとえ否定したとしても,お巡りさんはお見通しですよ。


ぼくが花見の下見に行ったとします。

お巡りさん「テロのためか?」
ぼく「バレましたか。」

そうですぼくにはお友達がいないので,一緒にお花見に行ってくれる人もいません。花見の下見なはずがないのです。たとえ否定したとしても,ぼくのアドレス帳見られて一発アウトですよ。



お巡りさん「その他テロの準備行為をしているのか?」
ぼく「バレましたか。」

こんなブログ書いている時点で超危険人物ですよ。
今年免許の更新だったんですけど,一時停止違反で違反者講習受けましたからね。犯罪傾向が非常に強い人間だと言えます。
そんなぼくの行為はだいたい準備行為ですよ。

======================






罪刑法定主義が・・・消えた・・・だと・・・?




(今日の一言)

全部ノリツッコミ。


にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村