2017年6月16日金曜日

あくまで個人的な見解です。

テロ等準備罪が参議院本会議で可決されました。


これに関し,賛否両論,世論が揺れていると感じています。


私は「否」の立場ですが,「賛」でも「否」でも,テロが許されないという想いは一緒だと信じています。


問題はこのテロ等準備罪の中身ですが,「否」の立場から,プライバシー権への過度な介入を危惧する意見が多く出ていますが,私の印象はそれと少し異なります。


この法律は,条文が美しくない。


テロを防ぐために,こんな抽象的な構成要件で令状が通ると思っているのだろうか。


こんな抽象的な構成要件で公判を維持しなければならない検察官の気持ちを考えたことがあるのだろうか。


実務家なら,条文の美しさを感じる機会が多々あると思います。


少なくとも,私の美意識には程遠く,今後,これに携わる検察官のご苦労を懸念します。



にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村