2018年5月8日火曜日

鼓舞

約半年間,ブログのトップページが痔の話題のまま放置。渡部です。


今年に入りまして,大変困難そうな事件を受任したり,本当に職場と家の往復をするだけの半年間でした。プライベートほぼなし。

で,今日,後輩の弁護士から,「先生の痔のブログ面白いですよ」とお褒めの言葉をいただいたんですけど,


これは痔のブログじゃない。弁護士の業務ブログだ。


まずい。ブログ更新しなきゃ。そういうわけです。




で,いきなり話は変わるんですけど,私,弁護士になって10年らしいです(なんか10周年を同期で祝う会のお誘いがきました。私は人見知りなので既読スルーしました。)。

キャリア10年というのはなかなか一般の方からするとイメージが湧きにくいと思うのですが,もう「若手」ではなく,「中堅」と呼ばれるらしいです。

それでもイメージが湧きにくいと思うので,お笑い芸人さんでいうと,ぼくの同期はパンサー,日本エレキテル連合といったところのようです。イメージできたでしょうか。

ちなみに当会の会長クラスとなると,だいたい30年選手になります。お笑い芸人さんだと雨上がり決死隊,さまぁ〜ずなどです。イメージできたでしょうか。

10年選手の弁護士というのは,お笑い芸人だと「まだキー局の冠番組をもてない」,その程度だということです。なんだ,全然じゃないか。



ただ,飽きっぽいぼくが10年も同じ仕事を続けさせていただけているのは,周囲の方々の理解とご協力とご依頼あってのことなので,本当に恐縮です。

ぼくはきっと,生まれ変わっても同じ弁護士という仕事を選b




嘘です。選ぶわけありません。



楽な仕事がないということは重々承知しております。しかし,例えば自分の子供に同じ仕事に就かせたいかというと全くこれっぽっちも思いません。

・人様の人生をダイレクトに左右するプレッシャーにメンタルがやられる。
・日々経費との格闘。
・仕事の99%はパソコンに向かって起案。
・華々しさは皆無。
・会務という名のボランティア。

自分で選んでおいてなんですが,お金を稼ぐなら他に方法があったはずです。

というわけで,仕事が一区切りついたので,「弁護士になってなかったらどんな仕事がしたいか」という小学生のような現実逃避をこれからしようと思います。


ただし,ただあれこれ想像するだけではつまらないので,私の属性等から,あり得る選択肢をできるだけ理論的に抽出しようと思います。

①素養

まず,肉体労働は無理です。

学生時代サッカーをやっていたのですが,どんだけ筋トレしても170センチ56キロ(体脂肪率2%)を超えることはなく,体を使った仕事はダメです。
よって,
・スポーツ選手
・腕っ節が必要なガテン系お仕事
これらは真っ先に除外されます。素質がありません。

では,頭脳労働はどうでしょうか。

残念ながら頭脳労働は無理です。

そもそもぼくはまともに学校に行っていなかったのですが,理由は「勉強が嫌い」だからです。
司法試験に受かったのは運です。
よって,頭脳労働による対価をもらえる仕事は除外されます。素質がありません。



これらの考察からすると,ぼくは「肉体を動かすことなく,頭も使わない」で対価を得る方法を考えなければなりません。


②本人の希望

先に素養の方から話してしまいましたが,本人の意向というものも重要です。

「好きこそ物の上手なれ」という言葉があります。ある程度素養で劣っていても,それに勝る情熱があればそれなりになんとかなるはずです。

また,私が尊敬する検事が言いました。「職業が人を作る」と。仕事の向き不向きを自分で決めつけないで,一度決めて続けていれば,それなりの人間になるはずです。

そこで,私が好きなものを箇条書きにしてみました。
・サッカー
・将棋
・ゲーム
・寿司
・文章を書く
・女性

これを客観的に見てみます。
・サッカー(全国レベルってすごい。無理だわ。)
・将棋(将棋ウォーズ2級。)
・ゲーム(対人でウイニングイレブンで勝ったことなし。)
・寿司(美味しい。)
・文章を書く(何も考えないでブログが書ける。)
・女性(弁護士という肩書きを得てもモテないものはモテないことが実証された。


この中で唯一,「文章を書く」だけ光明が見えました。ではこれで対価を得ることができるのでしょうか。

③検証

結論から言えば,無理です。

実は,もうずいぶん前の話ですが,とある編集の方から,このブログを書籍化しないかというお話を頂いたことがありました(衝撃)。

編集「とても弁護士の先生が書いたように思えないし,読み物として面白いと思うんです。」
ぼく「ほう。わざわざ自分の恥部を書籍という物質に変えようという話ですか。正気ですか。」
編集「ただ,記事数が絶対的に足りないです。もっと更新してください。」
ぼく「どれくらい?」
編集「週に1度くらい更新していけば,(この)話に現実味がでます。」


無理だよ。痔の話で半年放置しているぐらいだもん。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

新年度が始まり,就職活動や新しい環境に飛び込んだ方も多いと思います。

少しだけ,真面目な話をさせていただきます。読み飛ばしてくださって構いません。ブログのオチはもう終わったので。

私が弁護士になった動機はいろいろあるのですが,弁護士を「続けている」理由は一つだけです。

ある人に評価してもらいたい。

それだけです。

ただ難しいことに,その「ある人」から,直接褒めてもらうことはもうありません。

ただひたすら,自分が正しいということをやり続けなければならないということだけは理解しています。

私の場合,たまたまそれが弁護士という仕事を得ることができたので,ただひたすらその評価を欲しくて(実際にはもうこの耳で聞けないんだけど),仕事を続けています。

評価してもらえてしかるべき場所まで到達できたかというと,10年経っても全然ダメだな,と自分で思います。

ただ,不思議なもので,そうやって生活していると,慕ってくれる同業者の方ができたり,頼ってくれる昔の友達が現れたり,妻ができたりするもんです。

自分では納得できていませんが,そういう人たちは大切にしたいなと思っています。

「職業が人を作る」とK検事は言ってくれましたが,果たして私は少しは弁護士らしい人間になれているのでしょうか。

10年ぐらいでは,まだ迷ってばかりです。

私は仕事を続けることそれ自体は大したことではないと思っています。

ただ,自分で決めた「何か」がブレないでいることは,ちょっとだけ誇らしいし,「ある人」に唯一褒められたところなので,この先,同じ仕事を続けるにしても,別の仕事を始めるにしても,ブレることだけはないようにしたいと思っています。

司法試験も,就職活動も,迷うことだらけでしょうが,実はそれ自体は人生で大きな意味を持たないと思っています。

どれだけブレないか,また,ブレたときに気がつけるかが,私はとても大事だと思っています。

私はそれを,この10年,お客様から教わりました。

いろいろな方の事件を受任しましたが,皆さんをみていて,そう思えました。

何が大切なのか,私もときどきわからなくなるときがありますが,そうしたら目を閉じて「ある人」に聞くようにしています。

必ず,答えを一つだけくれます。

さぁ,仕事でもしましょうか。明日も訴訟提起です。負ける気は,しません。